car,electric,internet...and what?

lost engram complex

Beetle car custom parts

ドリンクホルダーにイルミ

投稿日:


夜間にドリンク飲んだあとに位置がわからなくなるので・・・
なんていうのはただの建前で、実際運転中にこんな横見ないしね。

まぁ信号待ちとか停車中はともかく、多分イルミつけたいだけだけど。
なんとなく付きそうだったので追加。

発光色はいろいろ試したけど、結局電球色に落ち着き。
穴あけ無しでつけてますが、割にいい感じにできたかなと思います。

相変わらずの、激安DIYです


How to custom

車体取付を考える

DIYはだいたい構想している時間が長い(うちの場合だけ?)
設計が決まっちゃえば、あとは作るだけなので。

メーカー品もあるみたいだけど、穴あけにちょっと抵抗があるのと、やっぱお値段がね。
というわけで、今回は車体穴あけなし(または出来るだけ小さく)でメーカー完成品使わずやってみます

相変わらず100円SHOPで使えそうなものを物色してみます。

ドリンクホルダーの底を光らせるとなると、当然丸形で光を通すもの
ついでに程々薄型、だけどLEDが配置できるぐらいの厚みがあり、ドリンクの重さで潰れない強度

てことで、このフタが目にとまる。

フロント部分のドリンクホルダーは直径75mm弱ぐらい
これ、専用と言ってもいいぐらいのジャストサイズ。

ちなみにプリングルスのフタだとちょっと小さい。。

入れてみるとこんな感じ

ひとつ入れてますが、違和感がないと言うかよく見ないとわからないほど。

ぴったりすぎて、入れると取りづらい。。

表はちょっとだけ縁がついているけど、ここもちょうど内径が安物コースターにジャスト

コースター直径はよくある7cmのもの。
たぶん2個400円以下の安物だけど、この設計なら好きなコースターと交換可能。

ついでなのでリアも作りますが。

こちらはちょっとジャストサイズがなかったので、小さめの60mmぐらい

ここはセンター合わせて貼るしか無いな

リアはゴムがついているので外してチェック

だいぶ小さいですね

入れちゃうと、サイズ感はそれほどわかりません

リアはほとんど使わないので、だいたい適当でいいかな


発光色をどうするか?

手持ちのLEDで色を見てみます。
フタが5mm厚ぐらいなので、緑が2x3mmの角型、青が3mm砲弾を各4発でテスト

フタに入れると適当に拡散してどっちもいい色、どちらも捨てがたい・・・

写真だとちょっと青みがましてますが、緑はもうちょっと黄緑っぽい色です

てことで、持ち込んで色あいを見てみます

緑はけっこういい
他のイルミともそれほど喧嘩しない

天井スポットの赤がちょっとだけど、そこは塞げばいいか?

青・・・はちょっと
単体ではきれいな色だけど、フットランプとかと合わない

青LEDはもうちょっと別のところでいいかな。

試しに電球色も確認してみる
あ、これいいですね。統一感ある。

これで決定
事前のテストなんだったのか(笑


灯体作ります

こんな部品使います。

探してきた綿棒のフタ、2mm厚のゲルテープ、いずれも100円SHOP
使ってたAliの激安コースター

発光部関係でCRDは15mAのもの、LEDのは3mm砲弾の電球・・・の予定でしたが後で変更。

右上に車関係ではあまり使わないだろう配線がありますが、PC関係で使うLANケーブルです。
最近はWiFi移行しているので、どこのご家庭にも一本ぐらいは余ってるはず(か?)

LANケーブルは一見太いですが、中が8本の細線構造

被膜をバラすとこんな感じで細い配線が出てきます。

2本ペア×4セットで、色もついているので配線経路がシビアなところとかには使いやすいです。

全部むいて配線4セット作ります

LEDは当初の3mm砲弾で作ってみましたが・・・照射角が80度と狭く光ムラが激しくボツ。
ということで、Fluxより薄型のフラットFluxに変更します。

ただ使うのは正面の光ではなくて、横からもれてくる光。
照射角は130度ですが、ドリンクホルダーぐらいならこれで充分かなと

いきなり出来てますが
LEDにCRDつけて配線つけただけ。

今回は薄くするために基盤とか使わないので、回路はこれで終了。

配線むき出しなので、そこはあとでいろいろなんとかします。

LANケーブルから摘出した配線をつけて、発光部作成終了。非常にシンプルですね。

作っといてなんですが、めんどくさければ短いテープLED使えばもっと簡単に出来たかも。

ただ、取付時に、ここがより線のままだと目立つので、あとで変更しています。
参考にする方は、作るときからこの部分はフラットに伸ばしておくのをおすすめします

カバーのっけて点灯テスト

基本構造はこんな感じですね

正面光は結構強めです。

もう少し、実装寄りで

これはいい感じですね。

サイドの光でもこれだけ明るいです

同じもの3つ作ります

配線の色分けが勝手に出来てるのはほんとに便利


車体取付部も作る

長くなったので、章分けて。

フタ部分は多少でも反射するようにアルミテープ貼ります

アルミテープは通電性あるので、内側に貼るとショートが怖い。
ということで外側に貼ります。

アルミテープありなし比較

貼ってないと白色に近いですね
光量の違いかな。

コースター被せるとこうなります

アルミテープありのほうが光強いような気もしますが、気のせいかも

まぁ、手間でもないので同じように作ります

リア用にも貼り付けます

LEDからの距離が近いせいか、明るいですね

むき出しではアレなので、フロント用のLEDはちょっと追加

裏面は貼り付け用にクリアな両面テープ、確か1mm厚?
表はLEDの珠避けて、さっきのゲルテープ

フロント灯体作成はこれで終わり

リアはフタが薄いので、ゲルテープ2枚重ねで4mmの足をつけます

センター部分は出っ張り削ったら穴が空いたので、ガラスクロステープで適当に補修
アルミテープは内側に使わないほうがいいです

上部分あたりで配線用に削ってますが、これはいらなかったですね。

リア用は市販のコースターでいいサイズがないので、アートレザーを丸型に切って貼り付け

これで灯体諸々完成。

試験点灯

いいですねー


車体の取付準備

ものができたので、車体に取付けです。

まずはおなじみフロント純正状態。

よくよく見ると底の方に切り返しがあり、ここでパーツ分離はできるようです。
ただ、ここ外すにはセンターコンソール全部外さないとだめでしょうね。

リアのドリンクホルダー

底のデザインはフロントと合わせてるようですが、こちらは別体でゴムが付いています

引っ張ったら取れます。

ついでに位置合わせ用に穴が空いてます。超好都合ですね。

フロントも同じ構造なら、穴あけずともきれいに仕上がるんですがねー

配線接続用に助手席サイドのカバー外しておきます。

この配管部分は高熱になっていたので注意!!!
なんだろう?エアコンの配管かな。

追加配線もここは避けて取り回します

配線取り回しのために、サイドブレーキのカバー外します。

ここは構造的に前側からしか外れないみたい。
形的に後から外したくなるんですけど、後は完全はめ込み

戻すときは逆に後はめてから前はめます

中もチェック。すでに何か配線通ってますが、これはフットランプのわたり配線。

サイドブレーキはここにギアがある構造ではなさそうなので、配線干渉の危険は少ないですが、できれば距離は取って置いたほうが無難。

ドリンクホルダーからの配線は、この部分を通す予定。

押せば引っ込むのと、もともと細線なら通るぐらいの隙間があり。
純正状態ではうまいこと隠してますけどね。


いざ取付け。

さて、前置き長くなったので、取付け

ここは距離も近いのでサクッと配線が通ります。
いったんサイドブレーキのとこから配線出しておきます

ただ、この状態では貼り付けの時により線目立つので
下で書いてるようにフラット配線にしたほうが良いです。

リアは横は結構隙間ない感じですが、後ろ側がすかすか
こういうゆるさは弄る時に楽ですね。

ここも配線通すのに手間はかからないはず
適当に前まで配線持って行きます。

アームレストの後のフタは引っ張れば取れますが、特に外す必要なし。
リアからの配線とハンドブレーキの干渉があるかと確認したのですが、アームレストの金具がごついので、その周りしか配線が通らず、安全。

一旦適当な配線で点灯確認

フロント問題なし

リアも問題なし。

さて貼り付け、ですが
より線のままだと、いかにも配線なのでここだけフラットに伸ばします

と、簡単に書いてますが・・・
当然LED側外すのは出来ないので、一旦全部抜いて、ここだけより線伸ばしてから戻してます。
なぜ作る時にやっておかなかったのか、気づかなかった自分を呪います。

センター合わせてLED貼り付け

配線を整形しつつ黒テープで目隠ししていきます

穴に入る部分までは黒テープ貼れないので、見切れそうなところは事前に黒テープを巻いておきます

フロント終了

底部分の端も見切れるので目隠しします

黒なのでほぼ目立たなくなります

リアは裏に両面テープ貼ってないので、位置合わせてゲルテープで接着

リアはこれだけ

あとは配線
サイドブレーキあたりで3個イチぐらいにまとめて適当に前まで持ってきます

長さ合わせてカットしたらギボシ加工、前に作ったイルミ線につなぎます

一応シガー分岐を中継しているので、シガープラグにヒューズは入ってるんですが
ドリンクホルダーだけにショートは怖いので、一応ヒューズ1Aいれておきます。

LED3発しか使っていないので、ここだけならナビ裏直結でもいけるのかもしれない。(未確認です)


取付け完成

あとは、フロントのカバー乗せたらコースターを適当な両面テープで貼って完成

配線通し部分を切り欠いているので回ってしまうことはないですが、乗せてるだけなので取れます。

撮影は昼ですが、いい感じで光ってますね

リアはカバーをセンターに合わせて貼り付けたら終了。
やはりリアのほうが光強めですね

すこし影が出ているのはゲルテープの足かな。

設置終了したので、いろいろ復旧して取付け終了。

全体像こんなかんじです。イルミ増えてきました

フロントのドリンクホルダーはすこし両面テープの緑が混ざっている色になってますが、写真ではわからないですね

ふだんこの角度から見ることは無いですが、こう見るとドリンクホルダー目立ちますね。
奥まってるので目立たないですけどね。

しかし、やっぱ赤が入っちゃうんだな・・

常用だと物が置いてあるので見えなくなるかと思いましたが、そうでもないですね
なんか上に物があると、さらに怪しげ

しかし、ザビのドリンクホルダーは後ろ側がアームレストを干渉するので高いものが置けない。
ハンドブレーキとも干渉するし・・・
つか、うちアームレスト使わないのでいらないんですけどね。


おまけ

天井の赤LEDのスポット照射(なんて名前?)をちょっと隠してみました。

手近にあったスモークシール。

赤スポットあり

目視ではあまり目立たないと思っていたけど、写真では写りますね

あるとシフトの位置とかは見やすいのですが緑系LEDとは合わないかな。

赤スポットカバー後

色が少なくなってスッキリしました

カバーすると結構暗くなります
特にシフトの先端に反射していた赤色とか、センターコンソールの表地とかが暗闇に。

でも個人的にはこっちかな
しばらくはこれでいってみましょう


Parts and tools

100円SHOPの綿棒

フタ部分がドリンクホルダー加工にピッタリ。

ちなみにプリングルスのフタだとちょっと小さかった。

こんな綿棒いらないので、フタだけ頂いて残りは別の方に使っていただきます。

SDGsだね。

定電流ダイオード(CRD) 15mA

お手軽に電流値を制限するときはこれ。

たぶんLEDパラダイスで買ってると思う
https://www.led-paradise.com/
画像は拝借。おこられるかな?

LEDのDIYで抵抗使うと電流値計算しないといけないが、それ考えなくても良くなる部品。

いまは1mAとかもあるんですね。

大体LEDキットものとかは抵抗が使われているので、CRD入れれば暗くすることもできるかも。
メーカーが抵抗使う理由は安いから。だとおもう。
なので、CRD入れれば使うと抵抗よりも部品価格は上がります。
DIYだ使う分なんてしれてますけどね。

可変抵抗って手もあるけど、アレ調整が難しいのよね。温度とか電圧で電流値変わっちゃうし。

フラットFlux

雰囲気で体感-2℃ぐらい? 【リアエアコンにイルミ(灯体作成)】 LEDパラダイス(オンラインショップ)

電球色フラットFluxは、エルパラでもう扱ってないんですね。。

https://www.led-paradise.com/product-list/263


海渡電子にありました

https://www.kaitodenshi.jp/3005-50.html

検索すると色々出てくるので、参考まで。



-Beetle, car, custom, parts
-, , , , , , ,

Copyright© lost engram complex , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.